FC2ブログ

魔法少女電脳遊戯録

Master of Epicなどのオンラインゲームを中心とした日記かな
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
一ヶ月も前くらいのことだけど、二日間に渡ったリヒさんのセッション「子羊たちは夜に微笑う」に参加しましたー
メンバーはレイラ、ネモ、セリーヌとうちの長女のシルヴィアの計4名
全員女の子という華やかな組み合わせです(’’)(,,)

内容的には全寮制の女学院での潜入捜査ってことだったんで、まー年頃の女性PCかあるいはそれに変装することの可能なPC限定でしたっ
しかも舞台はラムリアース。シルヴィアの出身って決めたとこです
(正確には第二都市のマルヴァーンなんですけどね)

女子校の制服きれるってことでわくわくもしながらも、戦闘の時鎧着れるのかしらと不安も抱きつつ、ネタバレ感想へどうぞっ
まず、潜入捜査ってことで偽名つくりました。
元ネタは若草物語から
メグ=シルヴィア、ジョー=レイラ、ベス=ネモ、エイミー=セリーヌ
レイラは2X歳なんで18歳くらいかなに変装してたんで、後は見た目年齢の順になりました。
しかし・・・この偽名工作が後々微妙にまずいことに(^^;)

基本的に昼間は生徒達と交流を持ちながら、学院にひそやかに広まる悪魔(あるいは悪魔の本)の噂と続々とでる退学者の謎の調査でした。
そんな中でレイラが同室になったちょい気弱そうな女生徒を篭絡しまくりっていう微妙に??萌えな展開の中、夜がやってきました。

夜も寝静まった講堂に、覆面をして集まる生徒たち・・・その目的は
宴と言う名の裁判・・・

みんなが匿名でそれぞれが証言して、悪魔らしき生徒を一人選んで退学にさせる。そんな感じ。
この辺からかしらレイラPLとネモPLが結構燃えてましたね~
ヴィアは性格上、セリーヌは信仰の関係からかちょっと及び腰っぽく・・・
この辺から私は心臓どきどき・・・

あ、後昼間は授業のシーンは、
それぞれの技能とかを上手い事駆使して?潜入だってばれないように授業受けるのは楽しめました。

問題は潜入してから二日目の夜。
偽名を用いたがために、途中思わず誤爆で名前呼び違えたことを指摘されてどきーっ
っていうか誤爆も遠慮なしに指摘されるなんて・・・甘かったorz
ここでネモが脱落する可能性があったにも関わらず、みんなの意見を統一せず、おまけにこの宴の雰囲気に負けてしまった私が決断を宴の主催者にゆだねてしまったがためにネモ脱落
その瞬間、私の中の何かが思いっきり切れましたorz
そこでセッション一日目が終了~
なんかもーどうしようとか思いながらもすっかり物が考えられなくって
あわあわしてました(汗)
でもあわあわしてるだけでは仕方ないんで基本的な方針は、こういうセッションにすっかり燃えているレイラPLさんにおまかせして自分はひたすら自分の感覚に訴えるものを待つ姿勢にしようってことに
それまでは指示にしたがって、その指示の範囲内でできることするみたいな。

そしてセッション二日目・・・
この日は上記の方針と放心もあったため、前半はあまり動けなかったですね。
どうにか潜入から4日目の朝同室の女の子エリーズの様子がっ
しかも友達との約束とかシルヴィア向きなキーワードっ
これはぜひっってなぐらいにくらいついてみました。
結局ヴィアの同室の子は本の悪魔で、ある苛められてた女生徒の「誰とでも仲良くなれる友達が欲しい」って願いをかなえてくれてたのでした。
でも、やっぱり悪魔なんでいずれは召還者の命を奪ってしまうってことで最終的にはヴィアがとどめさしてしまったorz
最後の日エリーズのことを友達だって思ってしまっただけにつらかったし、でもそのエリーズと苛められてた女生徒のこと見守るって約束
したから、悪魔であるエリーズのとどめを指すのはヴィアの役目だと思いました。
さすがにやった後はリアルでも手が震えてました、
んなもんで、ヴィアにも手が震えて武器を落としてもらったり・・・
なんかいろんな意味でつらかったけど、でもきっと乗り越えてくれるよね?シルヴィア
私も頑張るから


閑話休題
このセッションの解決のポイントの一つとしては、いっつもエリーズが眠たいってことだったらしくセンスオーラしてればサンドマンがいないことがわかったそうです。
こー最後部屋で眠ってるのを見た時に、一瞬センスオーラしようかとは思いましたが、結局友達としてのRPで押しちゃいました。
なんかそのほうがよかったし、シルヴィア的に友達に承諾なくセンスオーラしたくなかったから・・・
あとはーやるならもっと前の段階だったってのも強いけど(笑)

そしてシルヴィアは、しばらく凍結させてました。
RP的にはエリーズとの約束でミーアの側についててあげるためです。
なんかいじめで傷ついた子の心を癒すためにはしばらく一緒にいたほうがいいだろうなあってことで。
PL的にはシルヴィアを今後どうするか決めかねてたからったのもあります。
なんかヴィアは6レベルとか7レベルってのが想像つかなかったから・・・でもよく考えたら家の跡を継ぐための修行で冒険に出てるんですよね。
そしてシルヴィアはそのための何かをつかんでない気がします。
まあ、上手くいえないんですが・・・
だから、うんそれをつかむためにもう少し頑張ってみようかなと思います


・・・ってなんだかよくわからないうちに一杯書いてしまった
ここまで読んだ人・・・読みづらくってごめんなさい。
そして読んでくれてありがとう
ってことで「子羊たちは夜に微笑う」の感想終わりです

 blogram投票ボタン
MOE・ブログ
ブログランキングに参加中!押してくれると喜びます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://falmieu02p.blog101.fc2.com/tb.php/15-6b8e63b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック