魔法少女電脳遊戯録

Master of Epicなどのオンラインゲームを中心とした日記かな
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 blogram投票ボタン
MOE・ブログ
ブログランキングに参加中!押してくれると喜びます
いよいよ祭囃し編も綿流しの日を迎えました。

今回の私的見所は・・・

・詩音の乙女っぷりと決意
・女王様的なお色気発揮の三四さん


もちろん部活メンバーのシーンも赤坂さんのシーンもすっごくよかったです。
カケラ紡ぎをまくった分、描写とか力入ってましたね~

ってことでネタばれ感想です
(もち、原作のネタばれも入ってるみたいですよ??)
なにやら書き物をしている入江所長、ふと気が付くと外に車が。
窓から様子を伺うと気を失ったトミーとそれを担いだ山狗が車から降りるところだった。
これはやばいと、例の方法で梨花ちゃんハウスにいる赤坂さんに連絡を取りつつ逃走開始。
でも監視カメラですぐばれてしまい、追われてそのまま崖から転落する入江。

偶然詩音と葛西さんが来てくれて、なんとか園崎家へ・・・
園崎家では監視モニターで見ていた魅音たちが出迎えるも
「追っ手は?」
「尾行はなかった」
(車の音?)
「つけられてんじゃん!詩音のバカーーー!!」
「つけられてないもん!お姉のバカーーー!!」
まったくポーズも一緒の園崎姉妹可愛いです。
この辺原作ゲームでもあって、字数がぴったり一緒でおもしろいと思ったシーンなのでいれられてよかったです。

そういえばつかまった富竹は、えびぞりに縛られうつぶせに転がされており、その富竹の顎を足蹴にする三四さん。頭から足先へカメラがなめるようにしてってなんだかすごく・・・エロいです(笑)

というわけで、入江の白衣につけられてた発信機のおかげで園崎家へたどり着いた山狗。
地下牢というか園崎家祭具殿にたてこもった部活メンバーたちを追うために頑丈な扉を爆破します。
この辺ちょっと小此木が、冴えてました(笑)

この間次々に祭具殿の奥にある縦穴へ下りていく部活メンバー+入江
この下に下りていく穴が、両側に鉄パイプ取り付けててその間の踏み段は岩を掘りぬいて作ってるってシロモノ!
これを懐中電灯のみでおりていくんですよ。
ものすごく怖いでしょうねえ、これ・・・ってか超・危険??
ほんとにみんなよく下りられたよ(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

殿を務める葛西と詩音。
その詩音に向かって圭一が「詩音、お前が先に下りろ!!」と勧めるけど、詩音はそれを断り何事かを圭一の耳にささやきます。
この辺原作とは違う演出だけど、これはこれでなかなかいい!
あ、後それと相棒に言わせると、このときちゃんと武器がAK47(カラシニコフ)というロシア製のサブマシンガンでした。ちゃんと原作の表記通りの武器にされてました。
(ついでに言うとこの武器、アメリカ映画ではよく敵が使ってるものだったりするそうです。さすが園崎組ですね~)

圭一までがなんとか下りたところで、ついに山狗が!
機関銃が火を噴く音、そして大きな爆発音の後、詩音と葛西を人質に梨花と入江の引渡しを呼びかけます。
なすすべもない部活メンバー。
泣き叫ぶ魅音や沙都子。
梨花までもが、「なんとかしてよ~~!」と羽入に泣きつくありさま。
でも羽入はそんな梨花の頬を打ち、諭します。

幾多の世界を渡って学んできたこと、奇跡の起こし方・・・それを思い出せと

もうこの時の羽入は神々しかったし、それで立ち直った梨花もオヤシロ様の巫女として凛とした態度で山狗たちへと投降します。
「こんなのピンチでもなんでもないのですよ、にぱ~」

山狗に対し、梨花自身が投降する代わりに仲間たちを逃がせ、そうでないなら自ら死ぬという条件をつきつけたわけですが・・・
まあ、もちろん口約束。
守るわけありませんorz
梨花が出てきた途端、再度突入命令を出す小此木。
梨花には猿轡をして睡眠薬を打ち込もうとしたその時!!
ついに登場赤坂!
梨花の危機を救います。
いぶし銀のようにカッコよかったです。
他の人のように叫びもせず、ひたすらに打ち込む拳。
小此木のみぞおちへの一撃も「軽いな」と一言ですます、でも表情はさわやかさんでした(笑)
そして小此木・・・雑魚っぽい(笑)

赤坂と気絶したふりをしていた葛西のおかげで、無事再会できたみんな。
今度はこっちから攻める!と気勢をあげたところでED


そして、解からおなじみのED後・・・
今回は詩音です。

爆発で耳をやられたっぽい詩音の治療をしんがら、入江は聞きます。
「驚きました。まさかあなたが死ぬ気だったなんて」
で、ここで詩音が圭一にささやいた言葉がわかります。

ここで、圭一に譲って自分だけ生き残ったらお姉に恨まれちゃう。
だって自分の想い人はもういないけど、お姉にはまだいるからと・・・


「想い人とは悟史くんのことですか?」
その一言で照れながらも悟史のことを話す詩音の乙女ぶりを足だけで表現するとこ秀逸でした!!
足といえば三四さんも足がメインだったし・・・なんか入れ込んでる?(笑)

ここで悟史が生きてまだ診療所にいると聞かされた詩音は、富竹救出班に志願します。
また、その話をするときにしっかり沙都子の耳を押さえるところはものすごく気を使ってるなと感じました。
さらに話が終わった後、なんですの??とすねる沙都子のほっぺもプリティ♪
なんか、ほんと描写に力いれてるよね~~(笑)



さて、次回は「血戦」
おそらく見所は・・・・

吼える葛西!
涙の中決意する入江!
沙都子に翻弄される鳳13(原作より)

の3本だといいなあ(笑)とくに3番目
 blogram投票ボタン
MOE・ブログ
ブログランキングに参加中!押してくれると喜びます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://falmieu02p.blog101.fc2.com/tb.php/368-db24282e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私の想い人はもう居ないから・・・。
2007/12/08(土) 02:19:37 | Ηаpу☆Μаtё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。